ジェルネイルキットの他にライトが必要

ジェルネイルキットの他にライトが必要

自宅などでセルフジェルネイルを楽しみたいという方はジェルネイルキットがお勧めなのですが、このジェルネイルキットには、ジェルネイルに必要不可欠なライト又はランプが付いているものと付いていないものがあります。

付いていない場合は、当たり前ですが別途購入が必要になりますので、ジェルネイルキットを選ぶ際はライトの有無も確認しながら選ぶようにしましょう。

そこで、ジェルネイルキットにライト又はランプが付いていなかった場合の、ライト又はランプの選び方なのですが、現在種類としては、UVランプ、LEDライト、CCFLライトが存在します。

まず、UVランプのUVとは紫外線の事なので、肌への影響が気になる方は避けた方がいいでしょう。

次にLEDライトは、UVランプに比べて固まりが早いというメリットがあり、最近はこのLEDライトがジェルネイルでは主流になりつつあります。

次にCCFLライトですが、これはUVランプとLEDライトの中間のようなライトで、販売数は比較的少なくCCFLライトとLEDライトで迷っている場合はLEDライトを購入するという人が多いようです。

ジェルネイルキットを初めて購入される方は、ライトがセットで付いているジェルネイルキットを選ぶ事をお勧めします。

やはり、そのメーカーのジェルごとに合うライトというものがありますので、ジェルとライトを別々で購入するとジェルとの相性を全く無視した購入をしてしまう可能性が高いです。

ジェルネイルを乾かすために必要なライトですが、最近はほとんどの人がLEDライトのペン型のものを使用しているようです。

ペン型なので、指1本のネイルが完成すればその都度ライトで乾かしていきます。

また、UVライトもLEDライトが出るまでは主流でしたが、指を4本同時に乾かさなければいけないので、最初にした指のジェルネイルが他の指のジェルネイルをしている間に爪からはみ出してしまうというような事が起こる可能性があります。

また、LEDライトは乾かす時間として最短10秒のものがあるのですが、UVライトは1回につき2分ほど乾かす時間が必要となります。

どちらを選ぶかは自由ですが、個人的にはLEDライトをお勧めします。