ジェルネイルキットに入っているジェルの違い

ジェルネイルキットに入っているジェルの違い

ジェルネイルキットに入っているジェルのタイプにはハードジェルとソフトジェルがあります。

この二つのジェルの違いを知ってから、自分の爪の相性と合うジェルが入っているジェルネイルキットを購入する事をお勧めします。

まず、ハードジェルはジェルを乾かすと爪が硬くなるタイプのものであり、ジェルを塗る前に爪を少しヤスリがけする必要と調整剤を塗る必要があります。

どちらかというとチップやスカルプのように爪につけるタイプに向いていると言えます。

ジェルネイルの落とし方としては、液ではとれないので、削り落とす方法になります。

次にソフトジェルは柔軟性のある柔らかいつくりになるタイプのもので、ハードジェルのような爪をヤスリがけしたり、調整剤を塗るという下準備は不要です。

ただ、ヤスリがけに関しては持ちを良くしたという人は行うことをお勧めします。

ネイルの種類で言うとマニキュアに近い仕上がりですが、さらに艶感があります。

ハードとソフトのジェルにはこのような違いがありますが、日本ではほとんどがソフトジェルを好んで選んでいます。

現在、ネイルを自宅でする事ができるというジェルネイルキットがある事をご存知でしょうか。

ネイルサロンに行けない子育て中のお母さんや学生にとっては、自宅で簡単にジェルネイルが出来てしまうのでお勧めです。

このジェルネイルキットに入っているジェルにはハードジェルとソフトジェルがあり、下準備方法や相性の良い爪などに違いがあるため、ジェルネイルキットの購入をお考えの方はジェルタイプの違いをしっかり頭に入れてから選びましょう。

ハードジェルは薄い爪及び弱い爪の人でも使用はできますが、下準備に爪をヤスリがけする必要があるので、ヤスリがけをし過ぎて爪を傷めてしまったという報告が多いようです。

しかし、黄ばみにくいなどのメリットもあります。

一方、ソフトジェルは二枚爪の方にも向いており、下準備としてヤスリがけをする必要もないので、削りすぎて爪を傷めつける心配はありません。

ただ、黄ばんだりくもりやすいというデメリットがあります。

どちらが良いかはあなた次第ですが、日本人の爪に合いやすいのはソフトジェルでしょう。